為替のトレードの時は

-

-

FX(外国為替証拠金取引)の面白さは一つだけの金融商品あるにもかかわらず投資期間を短・中・長という3つの期間からどれをセレクトするかにより投資のやり方が違うことにあるのです。仕事 辞めたい アフィリエイト

初めに外国貨幣への投入の「長い時間をかけるスタンス」に関して詳しく見てみよう。

長期というものは、一年以上の出資期間を基本としています。

普通は為替レートにおいては、一年以上先々の為替の相場がは円高なのか、円安かどうかを連想するのは、たいてい無理に違いありません。

通常なら、「そんなにも後の変動は予測できない」となるのが本当のところです。

わからないことをなんとか予測しようと努力したところで、そんなことは無謀なことです。

ですから外国の貨幣を買ったと仮定して、買った時のレートよりも円高に変動したとしても、その損失分は近い将来元に戻るだろうという気楽な感じで売買にチャレンジする必要があります。

差益を無理に求めるばかりでなく、それ以外の儲け、要するにスワップ金利で利益を上げるのを、まず初めのねらいにしてお金を預けましょう。

当然のことながら、短期で為替差損に損失が非常に大きくなることもあります。

このため、こんな損失でもさほど影響を受けないよう、レバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を少しに取引することが大事です。

外国為替証拠金取引は損が一定範囲以上に更に広がると、追加保証金が出て来たり、それともストップロス(ロスカット)を置く必要があります。

ロスカットになってしまったら、直ちに売り買いを終了することになり長期取引ができなくなります。

こんなリスクを抑えるためにはレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を2?3倍にして取引するべきです。

次は中期の場合のトレードについてです。

中期スタンスの場合は長くても1?2ヶ月ほど後を予想しての売り買いです。

為替のトレードの時は、だいたい1ヶ月先のことであればおおかた予想できるだと思います。

先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議(G7)のような公式の会議であったり、為替トレード参加者がどういったポイントに関心があるかを聞いてみればいくぶん見通しがきくのです。

こういった経済の基礎的条件をチェックしながらなお、グラフを見ることによって為替相場の動きを理解する事ができ取引をジャッジするのがベストです。

基本的に、経済の状況とジャッジのどちらも光り、あるいは買いが一致していればほとんどのケースではジャッジした通りに変動すると考えて間違いありません。

そうした時はポジションを増やすことによってさらに多いリターンを期待できるのはほぼ間違いないでしょう。

3つ目に短期トレードのポイントです。

ここでいう短期のスタンスが指しているのは、言い換えれば日計り取引を指しています。

為替市場でデイトレードをする時経済の状態は少しも関係しないと断定していいです。

明日の為替の相場の変化に、経済情勢は関連がないからです。

この時の、コツは大きな催し物があると、それにより為替レートが著しく変化するタイミングを逃さないよう取引しましょう。

例として、アメリカ合衆国にて雇用統計が公表されるもしくは金融政策決定会合等により制作金利が動くほどの行事。

こうした大事な機会に変動を逃してはいけないといった意味から、短期トレードでは多種のものが欲しいところである。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.mattleech.org All Rights Reserved.