www.mattleech.org

-

-

かなり便利に使用できるカードローンなのですが、うっかりしてはなりません、カード会社というものは売り上げを上げて行くために金利を付加しているという点です。相手は会社なわけですから当然なのですが、借金の金利はものすごく高い水準にあります。グレーゾーンの利子が使われていた時代は29.20%などというあり得ない利息で設定させられていたのです。そして当時は総量規制のようなものは存在しなかったのでどんどん貸し付けていたわけです。その結果、返済不能な人を輩出し、自己破産する債務者が急増してしまいまいた。そして総量規制というものによってつまるところ自分たちの退路が絶たれるようなこととなりました。話を戻しますが現在でこそ利息は大幅に低い数値になったのですが、でもまだ自動車ローンなどと比較して高水準であることには異論がないと言えます。借金する金額が少ないならそれほどには重圧にはならないでしょうが、高い金額の借入をすると、その分引き落し時間も長くなるから利子を返済する額についても相当なものになってしまいます。現実問題としてシミュレーションなどで勘定すると最終的に相当な額を支払いに充てていることが浮き彫りになると思われます。このようなことを当然と官がルの化または損をしているように考えるのかは人によりますが、私の感覚ではこれだけ現金があるのでしたら様々なものが買えるのにと思ってしまいます。これだけの利息を支払いたくないという方はできるだけ支払い回数を短くするようにしましょう。わずかでも繰り上げて引き落しをしておくようにすると支払い月数を減らすことが可能です。全く必要もなく借金する方はいるわけがありあません。やむにやまれず必要に迫られて借入するのですからその後は支払をほんの少しづつでも縮めるという忍耐力が必要です。そしてより支払に余裕がある場合には先に返済をして、早期の支払いを心がけましょう。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.mattleech.org All Rights Reserved.